【PS4 期待作】The Long Dark (雪国サバイバルゲーム)


76

PS4北米ストアなどで8月1日に配信予定「The Long Dark」
2~3年くらい前からSTEAMで流行っているサバイバルゲーム、
これらが家庭用ゲーム機に流れ込んでくるだろうなと思っていたが、
ドンドン移植されつつある。好きなジャンルなので嬉しい。

47

The Long Darkは、単独プレイヤーが、目の前に広がる、凍りついた荒野において、
自らの思考力を駆使しながら思慮に富んだ探検やサバイバル体験を重ねていくゲームです。

ゾンビなどは一切登場しません…存在するのは、
あなた自身と極度の寒さ、そして過酷な自然のみです。

77

78

The Long Darkの早期アクセスバージョンはナレーション無しの、
サバイバルサンドボックスモードが特徴です。

ストーリーモードの第1エピソードを公開後、
ゲームは早期アクセスを終了します。
早期アクセス価格にはシーズン1の全てのエピソードが含まれています。

79

80

手掛かりは一切なし!
情報は提供されますが、答えは決して示されないという環境の中で、
各プレイヤーの思考力が試されます。

あなたには自らの力で生存の権利を獲得することが求められます。
恒久的な死!いかに長く生き残れるかに挑戦し、
世界ランキングでの自分の位置を確かめ、
再び生存をかけて探検に挑みましょう。

自分のカロリー摂取量、空腹、渇き、疲労および体温を監視しましょう。
生き残るためには全身の健康状態を維持しなければなりません。
少しでも体力が落ちると、ちょっとした脅威でも死に繋がる危険性があります。

30平方キロメートルに及ぶ自然の中を探検しましょう。(新しい地域も近日公開!)
ミステリーレイク、沿岸ハイウェイ、荒れ果てた岬、プレザントヴァリーなど、
たくさん探検できるエリアが相互に連結されています。

天候の変化、野生生物、活動する時間帯の選び方などがあなたの生存に影響を及ぼします。

81

82

衣服、鉈や銃などの道具、救急用具、食糧、松明や発煙筒などの光源、
着火道具など、100個以上のギアアイテムを使用することができます。

鹿を捕獲し、ウサギを罠にかけて狩りましょう。
また、必要不可欠な補給品の供給源となり得る動物の死骸の在り処を示し、
動物や人間がいる場所を教えてくれるカラスも見落とさないようにしましょう。

オオカミは縄張り意識が強く、生活圏を守りたがります。
また人間の匂いをかぐと後を追ってきます。
距離が近すぎると、生き残りをかけた戦いに巻き込まれる可能性があります。
食料を求めて土地を徘徊するクロクマを見逃さないようにしましょう。

燃料にする木材を収穫し、道具や衣服を修繕し、
ナイフ、鉈や銃などを常に最高の状態で維持しましょう。
これらはサバイバル生活に役立ちます!

ライカン、ローズヒップ、霊芝胞子などの薬草を収穫しましょう。
怪我や疾病の治療システムには、捻挫、出血、感染症、食中毒、赤痢など、
多数の怪我や疾病が登場します。

罠や救急用具を作り、衣服や道具を修理し、土地から原材料を収穫して、
自給自足ができるように最善を尽くしましょう。
他にも盛りだくさん!

83

85

The Long Darkのアップデートは毎月平均3、4回のペースで行われており、
常に改良を重ねています。

早期アクセスゲームを発表して以来、すでに75回のアップデートを行いました。
アップデートの典型的な例としては、新しいゲームプレイやエリア、アイテムの追加、
チューニング、および視覚的な改善などが挙げられます。

我々はインタラクティブな開発環境を駆使し、
コミュニティからの情報を参考にしながら、常にゲームの改良を重ねています。

早期アクセスゲームの価格には、サンドボックスモードへの即時アクセス、
およびシーズン1のストーリーモードの全エピソードが含まれ、
その中の第1エピソードはゲームのフルリリース時に公開されます。

86

87

PS北米ストアでは製品版のプレオーダーが始まっており、
早期購入者は20%引きの$27,99(定価$34,99)

発売日は8月1日とゆうことでプレイしたいが、
ドラクエ11やスプラトゥーン2と被るので悩むところ。

STEAM版では日本語が入っているので、PS4版も期待したい。
日本でも出ると良いが。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>