【Nintendo Switch】ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (ファーストインプレッション)


1

国内、海外共に高評価を連発している、
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」
数時間プレイしてみました。

2017050715450200-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050715453100-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050715454200-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

任天堂がオープンワールドゲームを作るとこうなる

数年前、PS4世代になるときに、
今世代機はオープンワールドゲームが主流になると、
海外の記事で見ていて期待していた記憶がある。

そして日本の有名シリーズも軒並みオープンワールド化が発表され、
日本のオープンワールドゲームはどうなるのか非常に楽しみにしていた。

メタルギアV、FF15、そしてゼルダの伝説。
国内の有名どころのオープンワールドゲームをプレイしてみて、
個人的にはゼルダの伝説が1番オープンワールドを活かしたゲームになっていると感じる。

正直、メタルギアもFFもゲーム自体は面白かったが、
オープンワールドである必要性は感じなかった。

ただ広いスカスカなフィールドを作るくらいなら、
密度の濃い狭いエリアで良いなと思った。

その点、ゼルダの伝説はまだ数時間のプレイだが、
フィールド自体に色々な仕掛けや収集要素、発見があって楽しい。

もちろん既存のオープンワールドゲームを参考にしている面も多々見えるし、
正直パクってるな、とゆうのもあるのだが、
その全てが丁寧に任天堂らしく作られている。

2017050716031300-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050716044300-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050716073600-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

グラフィックは普通だが温かみがある

グラフィックはお世辞にも綺麗とは言えない。
汚いわけでもない、ごく普通。

特にこのブログでも何度か書いているが、
PS4Pro+4Kテレビの映像は凄まじいものがある。

今年に入ってプレイしたPS4Proのオープンワールドゲームで言うと、
「HORISON」や「Skyrim Special Edition」(mod入り)はビックリするくらい綺麗だった。
綺麗とゆうよりも雰囲気や空気感が凄まじく、
ゲームは映像では無いと思う反面、映像もかなり重要だとゆうことも感じた。

やはりそういったトップクラスの映像を見ているとゆうのもあるが、
ゼルダの伝説の映像は一世代前の映像に見える。

作り込みやオブジェクトの数も少ないが、
オープンワールドの雰囲気はある。
リアル志向では無いがゼルダの伝説の温かい映像は健在。

2017050716164100-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050716242400-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050716275700-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

ポータルっぽい謎解きが多数

ゲーム内の世界各地に散らばっている祠。
この祠はゼルダの伝説ならではの謎解きステージになっている。

色々なアイテムを駆使して仕掛けを解き、
ゴールに辿り着くとだいじなものが貰え、
それを集めることでリンク(主人公)をパワーアップ出来る。

この謎解きがなかなか絶妙な難易度で、
発想力や閃きが試される。
部屋の中で謎を解いていく感じは、
個人的に好きなゲームの「ポータル」に物凄く似ている。

そしてオープンワールドの特性を活かし、
この祠自体も隠されているものもあって、探すのも楽しみの1つになっている。

2017050716302100-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050716304700-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050716431000-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

戦闘はいまいち

まだまだ序盤なので今後どうなっていくのかは不明だが、
現在の時点では戦闘はいまいち。

これもソウルシリーズなどと比べるととゆうことになるが、
やはり同じような感じのゲームと比べられるのは仕方のないことで、
ゼルダの伝説の戦闘は作り込みが甘いと感じる。

ターゲットの移行が一度離さないと出来なかったり、
ターゲットロックと盾の構えが同じボタンであったり、
回避などはブラッドボーンや仁王みたいに気持ちの良いものでも無く、
戦闘の楽しさはあまり感じない。

その上、急に強い雑魚に一撃で倒されてゲームオーバーもある。
(最後のセーブに戻されるので面倒くさい。)

ステルス要素やパリィ、急襲、ラッシュなどはあるが、
全体的にはもっと戦闘のアクション部分や、
工夫をして敵を倒すとゆうゼルダっぽい要素は頑張って欲しかった。
(但しまだまだ序盤なので後半につれて面白くなるかもしれない。)

2017050716451500-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050716524500-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050716525500-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

装備品や素材、アイテムが多数あるのは楽しい

予想外だったが、装備品が多い。
オープンワールドゲームでは当たり前のことだが、
ゼルダの伝説で装備集めや着せ替えが出来るとは思っていなかったので楽しい。

武器や防具、そしてアクセサリーなど、
序盤だけでも結構いろんなものが出てきて、
もちろん見た目も変わるので面白い。
武器に耐久性の制度はいらないとは思うが。
(使っていると壊れる)

アイテムも多数あり、
食材や動物、虫、魚、木、草、石、などなど、
あらゆるものを取得できる。

2017050716555200-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050717013200-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050717093200-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

オープンワールドを上手く活用している

今回のゼルダの伝説はオープンワールドゲームになっており、
自由に自分の好きな場所へ行けるのだが、
ただ広いフィールドとゆうわけではなく、
色々な遊べる要素が詰め込まれていてフィールドを探索し甲斐がある。

メインミッションはもちろん、謎解きの祠の探索、
敵の基地の撃破、隠された宝箱、アイテム。

そして何よりコログとゆう収集要素が凄まじい。
ただあるのではなく、ちょっとした仕掛けがあって楽しめる。

しかも全部で900匹居るらしく、
情報を得ずに全て見つけるのは至難の業だと思う。

こういったオープンワールドにした意味がある要素が多いのは、
このゼルダの伝説の良い部分だと思った。

2017050717552700-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050718551000-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050719184000-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

音楽が雰囲気にマッチ

音楽のスタイルもこれまでのゼルダの伝説とは少し違う様に感じた。

たまに鳴る「もの悲しげ」なピアノのメロディーが多く、
昔のフィールドの行進曲みたいな音楽は今のところ無い。

ただそれも今作のゼルダの伝説にはマッチしていて、
雰囲気作りに一役買っている。
フィールドでは環境音が主なので世界観を堪能できる。

2017050719202100-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050719352900-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050719451100-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

ジョイコンのマイナスボタンの位置が頂けない

これはゼルダの伝説とは関係無いのかもしれないが、
オープンワールドゲームで良く使う地図(マップ)ボタンが、
ニンテンドースイッチのジョイコンだと非常に押しにくい。

これは説明が難しいが、
実際にプレイしたら一発で分かることだと思う。
これをこのまま発売、しかもキーコンフィグ無しは、
妥協としか考えられないので残念。

ニンテンドースイッチ本体の購入レビューでも書いたが、
無線の受信がかなり弱かったり、(弱い割に有線LAN端子は別売り)

コントローラー(ジョイコン)の充電方法が面倒だったり、
HDDの容量が少なく、フレンドにメッセージなども送れず、
録画機能も無し、ブラウザなども無し、
トロフィーや実績機能も無く、テレビモードでは電源すら切れない。

ゼルダの伝説もマリオカートも楽しんではいるが、
こういった未完成品と言われても仕方が無い状態で売っているのは、
任天堂のゲーム好きとしては最悪。
3DSですらあった機能が全く無し、これは擁護できない。

あと地味にゲームソフトに説明書が無いのはまだ分かるが、
電子説明書まで無いのはどうかと思う。
節約、節約で利益を上げることだけ考えているとプレイヤーは徐々に気付く。
任天堂公式→https://support.nintendo.co.jp/app/answers/detail/a_id/34438

2017050721183100-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050721204300-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050721240600-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

意外とゲームオーバーになる

さてゼルダの伝説のゲーム内容に戻るが、
任天堂のゲームとゆうことで、ほのぼの気楽に遊べると油断してたからか、
意外と死ぬ。

ゲームオーバーは数時間で何度も喰らった。
それが惜しかった、とかではなく、いきなりやられることが多い。

落下死とかもあるが、急に強い雑魚が奥から出てきて、
強い武器を持っていて一撃でゲームオーバーになったのが何度もある。

こうゆうのはゼルダの伝説には求めていないので地味にストレスになった。
(その割に中ボスみたいなのは弱かったりで意味が分からない状態にもなる)

ちなみにゲームオーバーになると前回セーブした地点まで戻されるので、
オートセーブもあるが自分でもセーブは小まめにしたほうが良い。

2017050721331800-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050721361000-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050721534000-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

ボリュームも仕掛けも満載

ニンテンドースイッチの本体やジョイコンには物凄く不満点があるものの、
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」はやはり評価通り面白い。

洋ゲーには無い良さが和ゲーにはあって、
それの代表とも言える任天堂の代表作。

国内外で絶賛されているのも頷けるボリュームと仕掛けで、
食傷気味のオープンワールドゲームだが非常に楽しめている。
(中盤や終盤ではどうなるかは分からないが。)

ニンテンドースイッチを購入した1つの理由が、
この「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」だったので、
最後までプレイしたいと思う。

2017050721542700-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050722060500-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050723543600-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

2017050723553900-F1C11A22FAEE3B82F21B330E1B786A39

ニンテンドースイッチのフレンドは随時募集しているので気軽に送って下さい。
マリオカート8デラックスや今後発売されるARMS、スプラトゥーン2など、
一緒にプレイできる人はやりましょう。

【ニンテンドースイッチ】SW-6605-4123-4233

230

228

C-fUXh8U0AAoZK8.jpg large


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>