【PC】Undertale (クリア後レビュー)


22

「undertale」トゥルーエンドまでクリアしました。
プレイ時間は1周目290分、2周目280分、トータルで約10時間ほど。
こんなに全てに優しいゲームは初めてプレイしたかもしれない。神ゲー中の神ゲーだった。

30

このゲームは2015PCのGOTYに選ばれていて知ったゲーム。
STEAMレビューをちらっと読んだときに、
何も情報を得ずにプレイすることをオススメすると書いていたので、

ゲーム紹介の画像などは何枚か見ていたが、
システム面や物語など全く前情報を入れずにプレイ。
(以下ネタバレ有り。)

31

とにかく、素晴らしいゲームだった。
至る所に制作者のこだわりが感じられ、全てにひと手間掛けているのは、
このゲームに対する拘り、愛情、情熱、その高さが伺えて、
よりゲームを好きになれた。

最初は昔ながらのRPGで物語とかが良いのかな?程度の予想だったが、
それを遥かに上回るアイデアで、こうゆう発想もあるのかとビックリした。
特に1周目の最後は反則すれすれの技だったと思う。

そして1周目が終わった後、ほぼ全員が2周目にいく持っていき方、
それも凄い。

32

何より、全てのNPC、そして敵、それらが一切妥協の無い作りこみで、
全てが優しく、全てが引き立っていて、個性があり、
そのNPCの会話1つ1つに意味があって重みがある。

こうゆう個性の作り方はプレイヤーを引き込むためには重要で、
物語に厚みができて、ゲームプレイを一層楽しくさせてくれる。

33

2周目は全ての敵、ボスキャラを含め、誰も殺す必要の無いゲームと知り、
レベル1、経験値取得0、誰も何も傷つけずクリアして、真のエンディングを迎えた。
こんな優しいRPGは初めてだったし、NPCが訴えてくる様に終わりたくないと感じた。

NPCとの会話、キャラクターの個性、会話のセンス、
音楽、雰囲気、グラフィック、ボリューム、戦闘、仕掛け、
妥協の無い作り、終わりまで書き切るシナリオ、エンディング、
笑い、感動、共感、どれも素晴らしい。

終わった後で尚、印象に残る素晴らしいゲームだった。
文句なく満点のゲーム、少しでも興味が湧いたら是非プレイしてみてほしい。
優しい気持ちになれるはず。

それと日本語訳してくれた有志に感謝したい。ありがとう。

34


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>